Nekoya Press

猫ふんじゃったに見るシステム開発の悲哀

@kokorohamoeさんのエントリがとても面白かったので紹介。

猫ふんじゃったならだれでも引ける。だけれども、そのレベルの人を500人集めても、ショパンは引けない。

この例えは穏便に、かつ適切に実情を表していて、積極的に日常で使ってきたいですね。

けど、きっとこんなこと言うオッサンが出てくるんだぜ…

「1小節だけならどうにかなるだろ。500人に1小節ずつ弾かせて後で編集でつないでよ」

「難しいところも右手だけ、左手だけなら以下略」

「大丈夫、ちょっとぐらい間違えたって分かりゃしないって」

「そこだけ外注に出して弾いてもらえばいいんじゃないの。あとは猫が踏めりゃどうにかなるって」

そして、挙げ句の果てには

「天才がいないからショパンが弾けないなんて甘え。工夫すればどうにでもなるのに、これだから技術者ってのはいけませんな。ガハハ」

とか言われて世界滅びろとか思うんだ…

nekoya.github.io